• FAITHが連覇、雨パレが2位へ、話題の“SixTONES vs Snow Man”OA累計數は前者に軍配【エアモニ】

    チャート プランテック

    プランテック

    2020年1月29日発表のラジオ?オンエアチャート(集計期間:2020年1月20日~2020年1月26日プランテック調べ)では、FAITH「Party All Night」が1位を死守。2週連続制覇を果たした。

    オフィスオーガスタ所屬、Vapよりメジャーデビューした男女混成5人組バンドのアルバム「Capture it」(15日発売)に収録された同曲。今週も複數局でのパワープレイ選出による大量オンエアをキープしての結果だが、パワープレイ選出局以外のステーションでも全國的に広くオンエアされている狀況だ。認知度も順調に上げていることと推測され、リクエスト數は先週よりさらに増加した。

    2位は雨のパレード「BORDERLESS」が先週6位からの上昇だ。22日発売のニューアルバム「BORDERLESS」からの同曲は、リリース週を迎えてオンエアが更に増加。既にステイタスを確立しているだけあり、FM/AMともに全國的なオンエアはさすが。関東?関西を中心とした積極的なゲスト出演もオンエア増加に直結している。

    3位はレックス?オレンジ?カウンティ「フェイス?トゥ?フェイス」が先週2位からのダウン。イギリスの新鋭シンガーソングライターによる同曲は、オンエア數自體は先週より伸びているものの、雨のパレードがそれを上回ったかっこうだ。“グラミー賞5冠”で話題、ビリー?アイリッシュ「バッド?ガイ」(先週38位から9位へ浮上)の追い上げも退け、洋楽1位を死守した。

    SixTONES vs Snow Man:リクエストは同數で最多、オンエア累計數はSixTONESに軍配

    22日に同時デビューしたジャニーズ事務所所屬の両グループ。リリース週となった今週、それぞれオンエア數が急進し、Snow Man「D.D.」は圏外から一気に4位に初登場。SixTONES「Imitation Rain」は12位となった。一部ファン同士による競い合いも話題となっていたが、リクエスト合戦(?)の結果は同著で今週最多だった。

    しかし、チャート順位ではSnow Manが上回った一方、SixTONESは先んじて1月6日~12日チャートで95位に初登場後、22位、12位と推移し、ラジオ解禁からリリース週までのオンエア累計數はわずかながらSixTONES「Imitation Rain」が上回った。チャート上ではSnow Manが上位だが、SixTONESの方が長期間で多く露出していたかっこうだ。

    Billboard JAPAN 総合ソング?チャート“JAPAN HOT 100”ではSixTONESに軍配が上がったが、こういった狀況もその結果の一要因になったのかもしれない。

    RADIO ON AIR DATA

    (集計期間:2020年1月20日~2020年1月26日)

    1位「Party All Night」FAITH
    2位「BORDERLESS」雨のパレード
    3位「フェイス?トゥ?フェイス」レックス?オレンジ?カウンティ
    4位「D.D.」Snow Man
    5位「Teenager Forever」King Gnu
    6位「24-25」iri
    7位「愛す」クリープハイプ
    8位「I LOVE…」Official髭男dism
    9位「バッド?ガイ」ビリー?アイリッシュ
    10位「ミー & ユー?トゥゲザー?ソング」The 1975

    ラジオ?オンエアモニタリング(エアモニ)?ランキング

    調査基準:本ランキングは調査対象局において下記條件を満たすオンエアのあった楽曲を集計。
    ?1曲につきワンコーラス以上、もしくは連続して60秒以上のオンエアがあること。
    ?BGMでないオンエアであること。

    関連タグ

    関連タグはありません

    オススメ

    一尾中特连准23一期在哪里拍摄
    为什么有些股票涨跌幅20 山东十一选五爱彩乐 快乐时时彩一天开多少期 牛达人配资 武汉赖子麻将游戏中心苹果版 足球半全场什么意思 哪一家股票配资平台安全可靠 广东推倒胡麻将旧版 3d试机号彩宝网 十大期货配资公司排名联系方式